投稿詳細

じゅんこ

私はまだ小さかった顷、どこへ行くにも一绪だった、あの青い自転车に乗りながら,ある时,ふと思ったんだ,一度もむしろ振り向かずに,私はどこまではしれるかなって。あの时、私は试したかったのは 一体何だっただろう 。